【お知らせ】ふじマルシェの終了について

ふじマルシェ

レシピ

~麺・パスタ類~

カルボナーラ

材料

(3人前)
●スパゲッティ(1.9 mm)…250g
●マッシュルーム…5個 ●ブナシメジ…1束
●ベーコン(ブロック)…50g
●卵…2個(卵黄だけなら3個)
●生クリーム…200 ml ●粉チーズ…大さじ4
●オリーブ油…30 ml ●塩(味付け用)…小さじ1/3
●荒挽きコショウ…適量

Carbonara
「カルボナーラ」はイタリア語で「炭焼き小屋風」。本場イタリアでは生クリームを使いませんが、今回は日本で定番のクリームソースを秋の味覚のキノコとともに。

作り方

  1. ボウルで卵を溶きます。濃厚な味が好きな方は卵黄のみで。これに生クリームと粉チーズを入れてよくかき混ぜておきます。ソースが冷たいと熱を加えたときにダマになりやすいので、しっかり常温に戻しておきます。
  2. ベーコンは5ミリ角×4センチの拍子木切りに。マッシュルームはタテに5ミリ厚。シメジは石づきを落としたら、包丁を使わずに手でタテに裂いて食べやすい大きさにします。
  3. フライパンを熱して油を引かずに、ベーコンをこんがり焼目がつくまで炒めておきます。
  4. たっぷり沸かしたお湯に塩を加え(4リットルなら大さじ2)、スパゲッティをゆでます。ゆで時間は標準より短めで少し芯が残る程度に。
  5. スパゲッティがゆで上がる直前に、(3)で炒めたベーコンにオリーブ油を加えてキノコを炒め、軽く塩コショウしておきます。
  6. スパゲッティがゆで上がったら早さが勝負。お湯を切った熱いままのスパゲッティをフライパンに移し、塩を加えて炒めたら火を止め、(1)のソースを手早くからめます。フライパンのフチで固まるとダマになるので、回転させるようにしっかりかき混ぜます。
  7. とろみが出始めたら皿に高く盛り付け、荒挽きコショウをふって完成です。

まる美さんのひとこと

ソースを作るときに固まりやすくてちょっとハードルの高いカルボナーラですが、フライパンの余熱だけを使えばトロッとしたソースに。
ベーコンはブロックから厚切りにした方が、ボリュームが出ます。